スタータープラン

ベンチャー企業やスタートアップ企業、また学生の開発活動などの製品開発経験の少ないお客様に対し、弊社のノウハウを伝えながら製品化を実現する支援型製造サービス。

スタータープラン

Starter Plan

弊社では、企業様の規模に関わらずお取引をしております。
特に、ベンチャー企業様・企業されたばかりのスタートアップ企業様・学生etcが元気よくこの日本で成長・発展されることを全力で支援したいと思ってます。
弊社は、日本のみならずアジアでの生産経験・開発実績が豊富です。
この経験を活かして各ビジネスビルダーの方々を応援します。
海外契約・企画立案・意匠設計・電気設計・機構設計・ソフトウェア設計・金型設計・金型製造・国内外からの購買力・情報収集能力・そして最終的にはこの日本でMadein Japanを発信できるよう完成品製造までも自社で完結致します。
既に、このStarterPlanサービスを使って製品の開発をすすめられ、羽ばたかれる会社様が出てきております。

他社には出来ないサービスであると自負しておりますので、是非一度ご相談ください。

実例ともに、今後ご紹介します。

Starter Planにあたって

製品化には途轍もなく沢山の壁にぶち当たります。

我々も、ほんの10年前に起業(スタートアップ)した後には、それなりの苦労と苦痛と経験を重ねて参りましたので、その苦労の一部は充分に理解できます。

「資金の壁」「営業の壁」「経理の壁」「信用・信頼の壁」「現実の壁」「距離の壁」「時間の壁」「言葉の壁」「無知の壁」「経験の壁」「品質の壁」「リソースの壁」等々、挙げればキリがありません。

我々がスタータープランを発想しましたのは、これらの中で我々が直面してきた壁のうち少しでもスタートアップ起業様に共有できれば、要らぬ壁は比較的簡単に突破できると考えたからです。
特に、設計や製造にまつわる壁は破壊力が大きいです。量産においては、開発といった時間のコストでは無く、物理的な『お金』が関わります。しかも、量産となりますと、『トンでも無い金額』となります。
これらが最後の段階で発生しますので、後戻りも出来ませんし、元にも戻りません。

ほんの少しの不具合で、全てを失いかねないからです。

事前に分かりうる事でその様な結果になるのはとても勿体ないです。そして再起には大変な労力が掛かってしまいます。
弊社の経験が、全てをカバーしなくとも何らかのお役に建てられればと考えております。

着手から生産開始までの流れ

まずは標準的なBluetooth Low Energy製品の開発の流れを参考としてください。
<以下の様な場合には、更に時間が掛かると考えて下さい。これ以外にも納期が延びる場合もあります>

  • 構造的に複雑で素材の選択も複雑な場合
  • 一般的なICでは実現できず、新たなICの探索・捜索が入る場合。
  • 複雑なソフトウェアを要求される場合(例えば、マイコンに指定がある。特殊な通信方式。など)

【スケジュール全体像(参考)】

  1. コンセプトの説明と確認(顧客様よりご説明して頂きます)
    ☆数週間

    • 弊社デザイナーを含めてのお打ち合わせ
    • どの様なコンセプトなのかを理解させて頂きます。
  2. コンセプトまとめと方針決定
    ☆2~3週間

    • 弊社デザイナーと技術部門とでブレインストーミングし、最終案を提案します。
    • 問題が無ければ、意匠設計に着手します。
  3. 意匠設計(Industrial Design)の確認と決定
    ☆2~3週間

    • 意匠設計案(主に2案)を提示します。基本的には「まとめたコンセプト」に基づいてます。
    • 若干の修正等は可能です。又は、機構設計段階で修正する事もあります。※納期しだい。
    • これ以降の電気設計は、顧客様と連絡を密にして仕上げていきます。
  4. 機構設計完
    ☆機構設計には3~4週
  5. 機構試作・電気1次試作完
    ☆5~7週間

    • 途中で一度、『切削試作』を行い、金型手配前の確認を行います。どの段階の試作かは弊社で提案します。
  6. 金型手配承認により金型製作開始・電気2次試作完
    ☆承認後、T1まで6週間必要です。
    金型作成の期間ですが、次のステップ『機構金型T1』までに6週間掛かります…縮まりません。

    • 試作品やその後の変更点を打合せした上で、金型着手の承認を頂きます。
  7. 金型T1完・電気3次試作完
    ☆2週間程度で修正完

    • T1後に修正して、微調整・成型条件の検討を繰り返し、金型完了を目指します。
  8. 金型完了・電気PreProduction試作完

    • 金型が完了し、一度確認して頂きます。この段階ではシボは入ってません。
    • 確認と承認を頂いた後に、シボ工程に入れます。
    • シボが入ったサンプルを個客様に発送し、確認をして頂きます。
  9. 電気PreProduction(通称:PP)承認

    • 電気設計としての完成度95%を目指します。残り5%は、新たな問題点や製造上の変更点などなど。
  10. 金型成型開始(Braveridge Moulding Company in China)・PCB実装開始(九州)

    • 実生産に向けて、金型を使った成型工程に着手します。
  11. 完成品組立開始

    • 量産用の実装PCBを入手し、量産開始
  12. 出荷承認後に出荷

    • できあがり次第、指定倉庫や個客に発送開始。
株式会社Braveridge 本社
〒819-0373 福岡県福岡市西区周船寺3-27-2
Google マップでみる