Interface Cloud Service

Braveridge Interface Cloud ServiceはGPSトラッカーやBLEデバイス群を制御できるIoTプラットフォームです。
多種多様なBLEセンサーデバイス、アクチュエータデバイス、GPSトラッカーをネットワークに繋ぎ、制御することを可能とします。
デバイス~IFCに繋がる開発をBraveridgeで行っているため、お客様はサービス・アプリケーション開発に注力頂けます。

Interface Cloud Service

Interface Cloud Serviceの概要

Braveridge Interface Cloud Serviceのメリット

1. サービス開発が早い

すぐに使える、そのまま使える、を合言葉に弊社では量産品のデバイスを準備しております。
もちろん、より運用しやすい、導入し易いよう、カスタマイズ品のご相談も承っております。
これらのセンサーデバイスは、IFCを介してデータを受信できるよう設計されております。
そのため、アプリケーションやサービスを開発される方は、デバイスをクラウドに接続する手間が省け、お客様のサービス、アプリケーション開発に集中できます。

2. APIを活用したダイナミックなデバイス制御

弊社では、必要な”時”に必要な”データ”を得ること、を目標に、必要な時にデバイスに指示できるような仕組みの構築を行いました。
これまでは、指示を受け取るために、デバイスから定期的に問い合わせをする、といった方式が一般的でした。
この方式には、リアルタイム性を求めると通信量が増加し、通信量を削減しようとすると通信遅延が大きくなる、というトレードオフがありました。
この改善のために、弊社では任意のタイミングでデバイス指示する機能を実現し、トレードオフを解消することに成功しています。

3. セキュアなIoTシステム構築

IFCからBLEルータ間は閉域網で構成されており、外部のネットワークからはアクセスできません。
また、Braveridge独自のBLEプロファイルを採用しており、市販のBLEデバイスが勝手に繋がることはありません。
お客様毎にBLEルータとデバイスを紐づける仕組みを準備しておりますので、他サービスで利用しているBLEデバイスが繋がることもありません。

対応予定デバイス

  • 温湿度センサー
  • 照度センサー
  • 人感センサー
  • GPSトラッカー
  • etc…

ご利用料金

こちらからお問い合わせください。

株式会社Braveridge 本社
〒819-0373 福岡県福岡市西区周船寺3-27-2
Google マップでみる