よくあるご質問

製造関連

製品を開発したので、製造をお願いしたい。
可能です。Braveridgeは製造会社ですので、勿論可能です。
最近、このようなお問合わせが増えてきてますが、製品の製造のみを単純に受託する事はやっておりません。
と言いますのも、量産性の乏しい設計のままでは量産をする事はとても難しいです。
設計が量産性を考慮されてない状態のままですと、製造上の不良が発生しますが、これは工場ではどうにもなりません。量産時のバラツキを考慮して頂いた上での設計が充分であれば良いのですが、これを受託時に全てを判断する事が難しい為です。
出来れば、1次(又は2次)試作段階でご相談をしていただきたいと思います。
量産性の高い製品の開発の補助を致しますので、必ずご相談ください。特に金型が絡む案件は特にご相談ください。
中国で生産しようとしていたが、色々と問題があり日本で生産したい。
可能です。一度ご相談ください。
カスタムパーツを使った製品となるのだが、カスタム部品の生産も可能か?
一度、ご相談ください。弊社でも各種カスタム部品を開発し、製造しております。

開発関連

製品のアイディアがあるのだが、ハード開発をやって貰えないか?
ご相談ください。できましたら、NDAを先に送って頂き、署名をした上でお話ししましょう。
弊社でもNDAのFormatを準備しておりますので、ご連絡を頂きましたら直ぐにメールにて遅らせて頂きます。
弊社も人材が限られておりますので、なるべく時間に余裕を頂きたいと思います。早めのご相談の方が弊社も計画し易いです。
開発はどのような内容になるのか?
製造までに以下のような開発が必要となります。

  1. ①電気開発
    顧客様の考えられているアイディアの仕上がり具合によっても異なります。
    特に、半導体IC類については、サンプルやストッキスト在庫で動作確認までされているケースもありますが、量産には全く向かないIC(納期3ヶ月~6ヶ月の部品等)を選択されている物は置き換えから設計し直しとなります。最近これが特に多いです。
    弊社では様々なメーカー様や代理店様と協力関係を維持しております。その中でベストな提案をさせて頂いております。特に、入手性・価格を考慮したICの選定には自身があります。
    そして、回路設計・基板設計・試作実装を行い、随時顧客様と確認をしながら進めていきます。
  2. ②機構開発
    意匠設計(通称:意匠デザイン・Industrial Designと呼びます)においては、構造設計を無視したSkin(皮)のみの設計で持ち込まれますと、金型設計はできません。この場合は、弊社の方で優秀な意匠設計デザイナを準備しておりますので、ご相談ください。

    次に、機構設計ですが、基板・ケーブル・端子・ボタン・等をデザインを元に機構図面設計を開始します。
    金型着手前には必ず機構試作を行います。
    最近は3Dプリンタ試作品を持ち込まれる事もありますが、できれば切削試作でお願いしてます。
    3Dプリンタでは金型では実現不可能な構造が可能です。つまり、金型では作れない構造という事です。

  3. ③ソフトウェア開発
    弊社は基本的には、Firmwareの開発がメインです。アプリケーション設計のほうは得意では有りません。
    最近はStarterPlanの様にソフトウェアメーカ様のご相談が多く、アプリはメーカ様、ハードは弊社という開発スタイルが最も多いです。
    アプリ開発のご相談の場合には、弊社のパートナーをご紹介します。
  4. ④生産技術開発
    製造する際には、必ず生産にまつわる工具・道具・治具(じぐ)・ソフトウェア・ハードウェアが必要です。
    弊社では、出来るだけハード&ソフトウェアによる製造判定を推奨してます。
    人による目視確認では無く、自動判定です。これにまつわる開発を行います。
  5. ⑤梱包設計開発
    製品にする場合に必ず付きまとうのが、この梱包設計です。

    • ブリスターパック
    • クラムシェル
    • 紙箱
    • 出荷箱(段ボール)※輸送用の段ボール箱やその中にある、個送箱等
開発の費用はどのくらいか?
設計の難易度によって異なります。
実績のある設計の流用で可能な場合・世の中にまだ存在しない様な製品の開発の場合・基礎実験や要素開発
から着手する必要のある場合・弊社が既に経験のある開発の場合、等です。
完全に弊社で実績のある設計の場合は、ノウハウがありますので、とても短時間で可能です。その様な場合は
とても安価に可能です。

実際の相場観というのがあります。実際に他の「設計会社」に委託された会社様からお聞きした話です。
『1人月(いちにんげつ):80万円~130万円』
東京は高く、福岡は安いという傾向が有るようですが、この様な話を良く聞きます。
これを実際に計算してみましょう。
(例)電気2名-6ヶ月 + 機構設計2名-6ヶ月 + ソフト設計2名-6ヶ月 = 36人月
36人月x100万円(と仮にします)=3600万円
これに試作費用を追加しますので、4000万円近くになります。
実はこれ、実際の話です。。。。
本当の事を言いますと、これはそれほど高過ぎる開発費用ではありません。本来ならばこの位ないと開発は
出来ないとも言えます。
しかし、蓋を開けてみれば打合せ時にでてきた技術に長けた社長は関わらず、新入社員で構成されたチーム
で開発されていたそうです。
そして、このプロジェクトは支払いはされたものの、製品化までたどり着かなかったそうです。
これでは浮かばれません。
実の所、私も昔にその様な被害を受けたこともあります。。。。しかも、何回か。。。

弊社ではこの様な事は有りません。ご安心下さい。
色々と相談にのりますので、是非実現しましょう。実現し、量産され、顧客が成功する事が弊社の成功です。

株式会社Braveridge 本社
〒819-0373 福岡県福岡市西区周船寺3-27-2
Google マップでみる